活躍できる

ファイルを持った看護士

看護師とは、医療福祉現場で疾病者などの寮養上のお世話や診療のサポートを行う人のことをいいます。
2011年から2015年にかけ、約5.6万人の看護師が不足すると言われており、慢性的な人材不足になっています。
現在働いている看護師は約140万人います。
資格をもちながら、現在は働いていない看護師は約60万人いるといわれています。
この仲の1割の方が働くようになれば人材不足は解消されます。
このような背景から近年、求人・転職サイトが増加しています。
参考までに人口10万人に対しての看護師の数を紹介します。一番多いのは高知県の1032人になります。
また一番少ないのは埼玉県の445人、平均的なのは和歌山県で746人となります。

求人・転職サイトを利用する時の注意点を説明します。
1つのサイトだけで判断するのではなく、複数のサイトに登録し、判断することです。
求人・転職で成功したと思っている人は約3割、残り7割の人は失敗したと感じています。
失敗したと思わないよう複数のサイトから情報を収集し、比較検討した上で判断することです。
サイトの中には、利用者の利益目的ではなく、自社の利益目的しか考えていない運営会社が行っているサイトもあります。
サイトを利用した人のクチコミ情報を参考に、利用者の利益を考えてくれるサイトかどうかを見極めることです。
メリットの多い求人・転職サイトですが、少なからずデメリットもあります。
そのデメリットを把握し、うまく回避する方法を考えた上で、利用することです。