人々を助ける

医師と看護士

医療現場で働く看護師には、医療技術の発展と共に知識や技術の向上が求められます。
患者との信頼関係を築くためには経験や質の高い医療提供も必要であり、これを証明できる一つの手段として資格取得があります。
もともと看護師には正看護と准看護の国家資格がありますが、そのほかに認定看護や専門看護の資格が存在します。
これらの資格は、各専門性に分類されているものであり、取得条件にはその専門における臨床経験が必要となります。
よって、自身が取得したい資格と職場における診療科目が一致していなけらばならず、必要によっては転職を行わなければなりません。
言い換えれば、更なる成長を求めて転職するものであり、資格取得後には必ず自身のスキル向上と患者との強い信頼関係が生まれるものとなります。

看護師が取得できる専門資格には様々なものが存在します。
代表的な資格として認定看護の資格があり、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する者に与えられる資格となります。
特定の分野とは、救急看護、糖尿病看護、新生児集中ケア、透析看護、小児救急看護など多種にわたります。
専門看護の資格においては、認定看護よりも高い水準の看護ケアを提供する目的があり、専門看護師認定審査に合格した者に与えられる資格となります。
その分野には、精神看護、老人看護、小児看護、母性看護など9分野が存在します。
これら認定看護や専門看護は、一度認定を受けたら5年ごとに更新を行わなければならず、特に専門看護では看護実績や研究実績を必要とされます。
この制度によって看護師のスキル向上が図られるものであり、現在及び将来の医療発展に貢献されるものとなります。